ボトックス治療|大阪市住吉区 たかおか眼科クリニック

たかおか眼科クリニック
大阪市住吉区南住吉1丁目4-7 メディカルセンター長居2F TEL:06-6608-1000

ボトックス治療(眼瞼けいれん)

眼瞼けいれんとは

眼瞼けいれんは、目のまわりをぐるりと囲んでいる筋肉(眼輪筋)が意図せずに収縮してしまい、瞼が開きにくくなる疾患です。必ずしも瞼がけいれんするわけではありません。40歳以降の女性に多く見受けられます。

眼瞼けいれんの原因

瞬きをつかさどる神経の働きの異常と言われていますが、原因ははっきり分かっていません。ストレスとの関連が指摘されています。パーキンソン病や脳梗塞に伴うものや、薬剤(抗うつ薬、抗不安薬など)の副作用によるものもあります。

眼瞼けいれんの症状

瞬きが異常に多くなったり、瞼がピクピクしたりします。他にも、光がまぶしい、目を開けているのが辛い、目がショボショボする、目の乾きなどの症状が見られます。

眼瞼けいれんの治療法

ボツリヌス菌が作り出す毒素には、神経に作用して緊張しすぎている筋肉をゆるめる働きがあります。眼瞼けいれんは、眼輪筋にボツリヌス毒素を注射して治療します(保険適応)。

ボツリヌス菌による筋弛緩治療

  • 注射後,2~3日で効果が現れてきます。
  • 2~8週間で効果が最大になります。
  • 3~4カ月持続します。
  • 症状が再び現れたら、再度注射します。

PAGE TOP