コンタクトレンズ|大阪市住吉区 たかおか眼科クリニック

たかおか眼科クリニック
大阪市住吉区南住吉1丁目4-7 メディカルセンター長居2F TEL:06-6608-1000

コンタクトレンズ

必ず眼科医の診察を受けてから

コンタクトレンズは「高度管理医療機器」であり、眼科医に処方してもらう必要があります。

コンタクトレンズは目の黒目部分(角膜)に直接、接触するものですから、不適切なレンズを装用したり、間違った使い方をすると、角膜に傷がついたり、酸素が十分に供給されなくなったりして、様々な目の病気にかかる可能性が出てきます。

また、コンタクトレンズは目の状態によっては、装用できない方もいらっしゃいます。ドライアイや結膜炎などの患者さんは装用できませんし、目の発育途上にある小学生が装用すると、思わぬ影響が出る可能性があります。

コンタクトレンズをご購入になる際は必ず眼科医の診察を受け、ご自身の目に適したコンタクトレンズを処方してもらい、正しい取り扱い方法の指導を受ける必要があります。

コンタクトレンズ処方の流れ

当院で初めてコンタクトレンズ処方を希望される患者様へ

午前は11:30、午後は18:00までに受付をお済ませください。


STEP1 問診
処方にあたっての問診を行い、ご自身の目がコンタクトレンズの使用に適しているかどうか、どんな種類のレンズが適しているかなど、基本的な事項のチェックを行います。

問診表ダウンロードはこちらから
STEP2 診察
目にキズや異常がないかチェックします。
STEP3 検査
屈折(度数)検査・視力検査、眼圧検査をします。
STEP4 コンタクトレンズを選択
たくさんの種類のなかから、一番ふさわしいと考えられるコンタクトレンズを選んで処方します。
STEP5 フィッティングチェック
実際にトライアルレンズを装用して頂き、目のカーブに合っているかチェックします。
STEP3 度数の決定
検査データに照らし合わせながら、最適なコンタクトレンズの度数を決定します。
STEP4 コンタクトレンズ装用の練習&正しい取り扱い方法のご指導
初めての方には付け外しの練習をさせて頂きます。
近年、レンズの誤った取り扱いによる眼障害が増えていますので、コンタクトレンズの取り扱い方法のご指導も丁寧に行います。

取り扱っているコンタクトレンズの種類

ソフトコンタクトレンズ

ワンデータイプ
  • ワンデーアキュビューモイスト(ジョンソンエンドジョンソン)
  • アクアロックス ワンデー(ボシュロム)
  • バイオトゥルー ワンデー(ボシュロム)
  • マイデー(クーパービジョン)
  • マイデートーリック(クーパービジョン)乱視矯正用
  • プロクリア ワンデー マルチフォーカル(クーパービジョン)遠近両用
  • アイコフレワンデーUV(シード)サークルレンズ
2weekタイプ
  • アクアロックス(ボシュロム)
  • バイオフィニティ(クーパービジョン)
  • バイオフィニティトーリック(クーパービジョン)乱視矯正用

ハードコンタクトレンズ

  • マイルドUV(サンコンタクトレンズ)
  • マイルドⅡ(サンコンタクトレンズ)

PAGE TOP