多焦点眼内レンズ(先進医療実施医療機関)| たかおか眼科クリニック | 大阪市住吉区南住吉 JR・地下鉄「長居」駅

たかおか眼科クリニック 厚生労働省認定 先進医療実施医療機関
大阪市住吉区南住吉1丁目4-7 メディカルセンター長居2F TEL:06-6608-1000

多焦点眼内レンズ

人工水晶体(眼内レンズ)の2つのタイプ

単焦点眼内レンズ(保険適応)

*眼鏡をかけても構わず、より鮮明な視力を求める方に適しています。

単焦点レンズ:ピントが合う距離が1つ。焦点は遠方か、近方かのどちらかになります。多くの方で眼鏡が必要となります。

単焦点眼内レンズとは、その名の通りピントが1か所にだけ合うレンズのことです。

通常、若い頃の人間の目は近くにも遠くにもピントを合わせることができます(調節)。しかし、この単焦点眼内レンズは焦点が1点だけですから、近くか遠くのどちらかに合わせる必要があり、調節が出来ません。したがって、術後の裸眼での見え方を近くにするか、遠くにするのかについては事前に医師と話し合いの上、決めておきます。

裸眼でピントが合いにくい距離については、近視用の眼鏡や老眼鏡で補うことになります。しかし、レンズ代も手術費用も医療費はすべて保険適応ですから、経済的負担は少なくて済みます。

費用例 ※片眼
  • 1割負担の方…約15,000円
  • 3割負担の方…約45,000円

多焦点眼内レンズ(自費)

*なるべく眼鏡に頼りたくないという方や、仕事や趣味、スポーツなどを行う際に近くも遠くも眼鏡無しで見たいという方に適しています。

多焦点レンズ:ピントが合う距離が複数。遠方と近方の両方が見えます。眼鏡の装用頻度は少なくなります

近くか遠くのどちらか1か所にしか焦点を合わせなければならない単焦点眼内レンズと違い、多焦点眼内レンズは遠近両用のレンズです。

そのため、近くと遠くの2ヶ所にピントを合わせることができるので(2焦点タイプ、他に中間距離にもピントの合う3焦点タイプもあります)、眼鏡の使用頻度を減らすことができます。しかし、健康保険が適用されないため、医療費はすべて「自費」になり、単焦点眼内レンズに比べ、経済的負担は大きくなります。

また、薄暗い場所や夜間にライト等を見ると、光の周辺に輪が掛かって見えたり、眩しさを感じたりすることがあります。(ハロー・グレア現象)

当院は先進医療実施医療機関です

当院は平成30年8月に厚生労働省より「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)」を、「先進医療」として実施できる医療機関に認定されました。

先進医療とは

先進医療とは、厚生労働大臣が保険適用外の先端的な医療技術と保険診療との併用を一定の条件を満たした施設のみに認める医療制度です。

ただし、全ての多焦点眼内レンズが先進医療の適応となるわけではありません。適応レンズは下記の『多焦点眼内レンズの種類』をご参照下さい。

当院で先進医療適応レンズでの手術を行うと

適応レンズでの費用例
手術当日の手術費用(片眼)40~45万円(※1) 自己負担
手術前後の診察・検査・薬代(※2) 保険適用

(※1)一般の生命保険会社の医療保険『先進医療特約』の対象となり、その特約等を付加されている患者様は先進医療に係る費用が全額給付される場合があります。
*給付金のお支払い条件は、医療保険のご契約内容によって異なりますので、詳しくは事前にご加入の生命保険会社にお問い合わせください。
(※2) 先進医療に認定されていない眼科施設で同様の治療・手術を受けた場合、全額患者様の自己負担となります。

診断書について

生命保険への給付金の申請には医師の診断書が必要です。
当院では診断書料4,320円(税込)を別途頂いておりますのでご了承ください。

多焦点眼内レンズの種類

Tecnis Multifocal
テクニスマルチフォーカル(先進医療適応)

Tecnis Multifocal テクニスマルチフォーカル
光学部
回折型
乱視矯正
無し
レンズの度数間隔
0.5
焦点の特性
遠方・近方
近くの焦点距離
30,40,50㎝

患者様のライフスタイルに合わせて、近方については3種類(30cm,40cm,50cm)の中から選ぶことが出来る多焦点眼内レンズです。

Tecnis Symphony
テクニスシンフォニー(先進医療適応)

Tecnis Symphony テクニスシンフォニー
光学部
エシェレット回折型
乱視矯正
無し
レンズの度数間隔
0.5
焦点の特性
遠方~中間
近くの焦点距離
50cm~70cm

単焦点レンズと多焦点レンズのメリットを融合させたレンズです。低照度下でも鮮明な視機能を実現し夜の見え方も自然です。30~50cmの読書距離は弱いので必要に応じて眼鏡を使用しても良い方に適しています。テクニスマルチフォーカルに比べて、夜の強い光をまぶしく感じる(グレア)、 光の周辺に輪がかかって見える(ハロー)が軽減されます。

LENTIS Mplus
レンティスエムプラス

LENTIS Mplus レンティスエムプラス
光学部
分離屈折型
乱視矯正
有り
レンズの度数間隔
0.01
焦点の特性
遠方・近方
近くの焦点距離
40cm

ドイツのオキュレンティス社で開発された、完全オーダーメイドの多焦点眼内レンズです。遠視や近視だけでなく、強い乱視にも対応していますので、白内障と同時に、老視、遠視、近視、乱視を治すことができます。

MINIWELL READY
ミニウェルレディー

MINIWELL READY ミニウェルレディー
光学部
プログレッシブ型
乱視矯正
無し
レンズの度数間隔
0.5
焦点の特性
遠方~中間
近くの焦点距離
70cm

イタリアのSIFI MedTech社で開発された従来の回折型や屈折型と全く異なる新しいタイプの多焦点眼内レンズです。遠方視力と中間距離視力に強みがあり、スポーツをされるような方や、お料理、デスクトップのパソコン作業をされる方などに適しています。

Fine Vision
ファインビジョン

Fine Vision ファインビジョン
光学部
回折型
乱視矯正
有り
レンズの度数間隔
0.5
焦点の特性
遠方・中間・近方
近くの焦点距離
30cm

遠く、近く、中間の全ての距離において焦点が合う3焦点眼内レンズです。従来の多焦点眼内レンズは近方と遠方の2焦点であるため遠近の焦点よりもやや中間部の視力が出にくいという弱点がありましたが、このレンズはその弱点を補い、よりメガネの使用頻度を減らす事が可能となり、快適な日常生活をもたらしてくれます。

PAGE TOP